Date

賢い英文添削の使い方

賢い英文添削の使い方とは
Breast Cancer Ribbon

英文添削のサイトで自信がついた!

英文添削のサイトで自信がついた!

数ヶ月前から始めた英文添削のサービスなのですが、おかげさまで自分で上達したとわかるくらいになりました。

簡単に言えば自分で書きたいと思った文章を英語にしてそれを送るだけなのですが、その英文を講師が読み表現方法や文法を添削してくれるのです。

少し前に英会話が流行りましたが、今はこの様な英文添削が流行っている様でちょっと空いた時間にも出来るところが受けている様ですね。

私はこのサービスをネットで知って、申込みをさせて頂いたのですがそのサイトには英文ライティングコースなどもあり種類も豊富でした。

またサイトには専門の講師が英文添削をしているとも掲載されていましたし、金額に関しても手ごろなので趣味が欲しい方にもお勧めですね。

最近は仕事のメールでも英文を書く事は珍しい事では無いですし、これからもっと英文添削を利用する方は増えてくるかと思います。

その波に乗り遅れない為にも今からしっかり頑張って英文スキルを磨こうと思っています。

表現方法のバリエーションが増えたのも英文添削のおかげ

英文メールを海外にいる友達とやり取りをする事が時折あるのですが、その時は常に「この表現方法で良いのか?」「誤解されずにちゃんと伝わっているだろうか。

」と不安になります。

英会話は以前に学んでいたので問題は無いですし、声以外にもボディランゲージだったり声の印象である程度は伝わるのですが、文章ってそうも行かないので心配になりますよね。

そう思いながら友人とやり取りをしていたのですが、先日インターネットサイトで気になるものを見つけました。

それは英文添削のサイトといって自分で書いた文章を第三者が添削してくれると言うのです。

ネット上で出来るので仕事が終わった後でも良いですし、ふと時間が空いた時に利用する事も出来ると思い申込みさせて頂きました。

ビジネスにも使える英文添削

初めは撃沈する程訂正部分が多かったのですが、回数を重ねる毎に表現方法も豊かになってくるのがわかります。

最近じゃ、友人にも「表現方法が豊かだね!」と言われて嬉しいです。

これも英文添削のサイトのおかげです。

Comments are closed.